BCP(事業継続計画)対策

平成30年11月19日 株式会社タカスズでは、近年多発している自然災害などに対し、物流の担い手として商品を滞ることなく配送業務の遂行のため、すべてのトラックと各事業所に水、食料品、簡易トイレ、防寒具など防災備蓄品を備えました。
荷主様には物流の継続、社員に対して安心して働ける環境作りをしております。
また、上白根第2駐車場に設置した48,000リッターの大容量の自社給油スタンドは、燃料の備蓄機能を兼ねており、大災害時において当社の全トラックの10日間程の燃料の備蓄確保が図られています。
さらに、本社社屋の屋上に設置してあるソーラーパネルは、自然災害などの大規模な停電時は自家発電機能の役割も兼ね備えております。

事業所の防災備蓄品 トラックの防災備蓄品

ページの先頭へ